九州新幹線の橋脚に高耐久性埋設型枠『SEEDフォーム』が採用になりました。
データをダウンロードするには
会員登録が必要です。
HOME > 製品のご案内 > NEWS
   
 
九州新幹線の橋脚に
高耐久性埋設型枠『SEEDフォーム』が採用になりました。
 
2011年の全面開通に向けて急ピッチで工事が進められている九州新幹線。
その橋脚には施工の大幅な合理化、メンテナンスフリーで運用できる耐久性の向上、
および美観性の向上が求められ、その条件をクリアしSEEDフォームが採用になりました。
SEEDフォームの耐久性能保持期間は100年以上を誇ります。
 
「九州新幹線」NEWS
  NikkoのSEEDフォーム
※「製品情報」内のページへ移動します。