フロートフロアシステム
webカタログ
Top >> 製品情報 >> 景観事業 >> 舗装材 >> フロートフロアシステム
フロートフロアシステム

■ 関連製品
  FFパネル・ニッコーマルチポスト
CO2排出量削減効果と省エネルギーの実現に向けた浮き床システム
ニッコーから、都市空間での快適な生活のご提案。
ヒートアイランド現象抑制効果が期待できる【フロートフロアーシステム】は、
ハードな使用環境に耐えるコンクリート製浮床パネルシステムです。
浮き床ならではの、微妙な段差調整ができ、バリアフリー施工が可能です。
屋上、ルーフバルコニーなど複雑な建築躯体がある、オフィスビルや学校・病院など様々な建築にご利用頂けます。
   
高いデザイン性 豊富なバリエーション サイズ・テクスチュア・カラーなどに、多彩なバリエーションがあり、建物のモジュールやイメージに合せて選択できます。
建物負担の軽減 ヒートアイランド現象の抑制 屋上に施工した場合、表面の遮熱性能による日射反射効果と合せて、建物と仕上げ材の間に空気層を形成しますので、ヒートアイランド現象の抑制につながる断熱効果と同時に防音効果が期待できます。
浮き床構造に耐える強度 タフな性能 補強筋で強度を上げたコンクリート製のタフな性能。5000Nの局部集中荷重を加えても破損無しです。
優れた施工性 メンテナンスが容易 勾配のある下地でも、仕上げ面がフラットに仕上がります。又、 FFパネルを部分的に取り外すことが可能で、仕上げ材下部の防水層等のメンテナンスが容易に行えます。
屋上断熱効果
●屋上露出防水の場合 ●FFパネルを屋上に設置した場合
日射により防水層表面が高温化し、屋上スラブを通して熱が伝わり、最上階居室が高温化する。空調機で冷房することで電力を消費する。 FFパネルの遮熱性能と空気層の断熱効果で、屋上スラブに伝わる熱が抑制できる。そのことにより、最上階居室での冷房による電力消費を抑えられる。
耐久性試験
■コンクリートブロック製造時に高耐食性補強筋(亜鉛アルミ合金メッキ線材)を同時成型することで、
これまでの即時脱型製造方式の舗装用ブロックでは実現できなかった浮き床構造に対応可能とする
タフ性能を実現。(特許出願中)
■静荷重:5000N以上 衝撃強さ質量:30kgの砂袋を高さ50cmから3回落下させても破損なし。

■FFパネルの裏側には、高耐食性補強筋(亜鉛アルミ合金メッキ線材)を同時成型しています。
※製造上、部分的に補強筋が露出しますが耐久性の問題はありません。