融雪ブロックとは
webカタログ
Top >> 製品情報 >> 景観事業 >> 融雪ブロックとは
融雪ブロックとは

融雪ブロックの特徴
冬期バリアフリーを実現するため、
バリアフリーペイブをベースに冬期用製品を開発。


日本の国土の約60%は雪寒地であり、積雪が日常生活の妨げとなっています。また、このような地域では、高齢化が全国平均より高い傾向にあり、特に冬期のバリアフリー対策が望まれています。ニッコーでは、バリアフリーペイブを改良し、このような雪寒地でのバリアフリー化を推進できるよう「バリアフリーペイブMS」を開発しました。
 
熱伝導率の高い「バリアフリーペイブMS」は、すばやく雪を溶かし、コストを軽減。
 
冬期バリアフリーを実現するために、まず、積雪を溶かすことが重要です。「バリアフリーペイブMS」は、熱伝導率を高める特殊素材を混入し、単層構造で製造しているため、路面の表面に対して均一な熱伝導を発揮します。それにより、ロードヒーティングがある場合は、熱を舗装面に伝えやすく、ランニングコストの軽減につながります。
 
 
 
 
 
どの方向にも滑りにくいから、歩行時に安心感を感じてもらえます。
バリアフリーペイブの特徴である快適性を生む4mmピッチのローレットが、融雪時の湿った路面から「滑り」の不安を解消します。ローレットがあることで、滑り止め効果があるだけでなく、視覚的にも「滑らない」という安心感を与えます。
 



※バリアフリーペイブMSは製品表面積に対して測定方法がかわっても、すべり抵抗規格値を十分満足できることがわかります。進行方向に対して製品表面溝を垂直に配置すると、すべり抵抗性が高くなり、スロープ等の滑りやすい場所での使用有効です。

※同じ性能を持つ平板「ペイブロックフェブMS」もラインナップしています。
 
■ 関連製品
  バリアフリーペイブMS  ペイブロックフェブMS