伝統ある大谷石塀を鉄筋配筋仕様で規格化しました。
webカタログ
Top >> 製品情報 >> エクステリア事業 >> 積み材 >> 大谷本石900・チェーン
大谷本石900・チェーン
和風建築からモダン建築まで、格調高い存在感で人の感性に寄り添う大谷石。
オーヤ900シリーズと同モジュールで、生活シーンを美しく彩ります。
 
                 
Page Up
製品の特徴
●大谷石の特徴①
大谷石は切り出した直後は水分を多く含んでおり、淡い緑色をしていますが、乾燥と鉄分の酸化により、全体がサビ色に変化していきます。
   
    切り出し直後   変化後

●大谷石の特徴②
大谷石の表面には通称:ミソと呼ばれる黒い斑紋があります。ミソの部分は非常にもろく、切り出し後の乾燥や風雨等によって穴が空く事で独特の風合いを醸し出します。
その特性上、製品の角の部分にも必ずミソがあります。加工後の乾燥で、その部分が欠けて納品になる場合がありますが大谷石の特徴としてご理解下さい。
 

●安心・安全な鉄筋配筋仕様
横筋部分の溝深さを30mm、縦筋のジョイン卜部分の溝深さを20mm設けた事により、谷本石で安心・安全な鉄筋配筋仕様の大谷石塀を実現しました。
 
    接合部の拡大写真

●大谷石の取り扱い注意点
・加工後の大谷石は表面に石粉が必ず付着しています。洗車ブラシ等で清掃をした後で、施工を行って下さい。
・モルタルの付着を良くする為に、モルタル接着部分は水洗い等の処置を施してから施工してください。
・縦筋、横筋の溝部分にはモルタルを入念に充填してください。水分が浸入した場合、
  石の劣化を促進したり鉄筋がさびる原因となります。
 
Page Up
カラーバリエーション
    チェーン仕上げ(化粧面)
その他の部分はダイヤカット
※ミソのない製品はありません。
又、多い少ないの指定もできません。

特注加工例
     
ダイヤカット仕上げ ビシャン仕上げ こぶ出し仕上げ      
Page Up
規格寸法
   
基本   コーナー   1/2基本
   
1/2コーナー   笠基本   笠コーナー
     
笠1/2基本   笠1/2コーナー    
※コーナー、1/2コーナーの側面部の仕上げは手加工(チェーン風)仕上げとなります。
※笠の仕上げは全面ダイヤカット仕上げとなります。
Page Up
規格表
製品名称 規格名称 寸法
(W×D×H)
重量
(kg/個)
仕上げ 備考
大谷本石
900チェーン
(受注生産)
(別途運賃必要)
基本 900×150×290 65.0 チェーン引き

(化粧面以外は
ダイヤカット)
使用量:3.66個/㎡
両面仕上げ
面取り加工
コーナー 900×150×290 65.0
1/2基本 445×150×290 32.5
1/2コーナー 445×150×290 32.5
笠基本 900×205×130 40.0 全面ダイヤカット
笠コーナー 930×205×130 40.0
笠1/2基本 445×205×130 20.0
笠1/2コーナー 475×205×130 20.0
※基本形の規格寸法、笠の仕上げが一部使用変更となっております。
※上記以外の役物・門柱等もご要望に応じて製作出来ますのでご相談下さい。
※規格はチェーン仕上げとなりますが、ビシャン仕上げ・ダイヤカット仕上げ・こぶ出し仕上げ等も製作出来ますのでご相談下さい。
※大谷本石900には鉄筋を配筋可能な溝を切っています。安全を考慮した上で十分な配筋を行って下さい。
Page Up
ダウンロード
大谷本石900・チェーン WEBカタログ