土木事業-擁壁
webカタログ
 
データをダウンロードするには
会員登録が必要です。
Top >> 製品情報 >> 土木事業 >> 擁壁

擁壁

 
  • GLウォール(道路用)

    従来の現場打ち擁壁に比べて大幅な工期短縮や省力化を図ることができるL型用壁です。ガードパイプやガードレールの設置が可能です。

  • KLウォール3型(宅地用)

    宅地造成等規制法施工令第15条の規定に係る建設大臣認定を取得した、高さが1.0m〜3.0mのL型擁壁です。

  • ハイ・タッチウォール(宅地用)

    宅地造成等規制法施工令第15条の規定に係る建設大臣認定を取得した、高さが3.0m〜5.0mのL型擁壁です。

  • アラウンドウォール(宅地用)

    宅地造成等規制法および宅地防災マニュアルに準拠した、高さが0.5m〜1.4mのフェンス支柱穴付きL型擁壁です。

  • Eウォール

    施工性に優れた自立式大型積みブロックで、表面の模様は自然景観にもよく馴染む石模様です。

  • パインロック

    岩着タイプで控え500mmサイズの自立式大型ブロックです。

  • 緑生擁壁

    法面の緑化と強固な擁壁としての機能を合わせもつ、緑生ブロック工法です。

  • テールアルメ工法(補強土壁)

    土の中にストリップと呼ぶ補強材を層状に埋込み転圧し、土との摩擦力により1個の土塊として安定した土構造物を作る工法です。

  • EPS工法(軽量盛土工法)

    大型の発砲スチロールブロックを盛土材料とし材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性および積み重ねた場合の自立性等の特長を有効に利用する工法です。

  • パンウォール工法

    補強土工法の表面保護としてプレキャスト板を使用し、逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

  • 落石・崩壊土砂防護工

    甚大な被害を生む落石災害に対する落石対策工です。対象となる落石エネルギー規模に応じてそれぞれに最適な工法を提案することができます。

  • 鋼製スリットウォール工法(補強土擁壁)

    鋼製壁面材とチェーン補強材によって耐久性と安全性、そして減災性を追求した補強土擁壁です。